HDDのバックアップを無料で。


この記事は投稿から半年以上経過していますので、内容が現在に似わない可能性があります。
この記事は以前に某フリーブログサービスで投稿していた時代の記事です
文面がおかしかったり、リンク先がおかしくなる可能性があります。

こにちわ

そろそろHDDが逝ってもおかしくない時期にきてると思うので
Cドライブをまるごとバックアップしようとおもう。

全て無料のツールで…….(´∀`)

いろいろ調べた結果、DriveImage XMLがいいらしいので使ったが、
こいつOS領域をバックアップしようとすると、ロックエラーを吐きやがる。
しょうがないから、CDから起動するWindowsを作り、その中に
DriveImage XMLを入れて起動させる方法を取った。
こうしておけば突然HDDがぶっ飛んでも、CDから起動させて
リストアーしてやればいい。

おほほな奥様方はここでさようならかもしれんが、こまかい説明は
無しで、こうやれしか書いてないから、頑張れるかも?(*´艸`) 

以下成功までの軌跡。

作成環境はVista Ultimate 32bit(XP(SP3)でも同じらしい)

1・CD起動するWindowsを作る為に
Windows Vista SP1 および Windows Server 2008 用の自動インストール キット (AIK)
をインストールする。
俺はしなかったが、NET FrameworkとMSXML 6.0のインストールをしないと
だめかもしれん。

2・WindowsKey+Rを押して、
C:\WINDOWS\system32\cmd.exe /k “C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\pesetenv.cmd” 
と入力、OK押す。

3・↑の窓に
copype.cmd x86 c:\winpe_x86
と入力、Enter押す。

4・日本語環境等の追加
imagex /mountrw C:\winpe_x86\ISO\sources\boot.wim 1 C:\winpe_x86\mount
と入力、Enter押す。

5・日本語パッケージのインストール
peimg /install=*JA-JP* c:\winpe_x86\mount\Windows
と入力、Enter押す。

6・言語を日本語に設定
peimg /lang=JA-JP c:\winpe_x86\mount\Windows
と入力、Enter押す。

7・LAN使いたいのでLANドライバーのDL
ここ

と選択して、でた画面でXP選択

その中の「LAN」のドライバーをDLする

こやつを解凍して出来たフォルダーの中の
「Atheros→vista_32」にある
「l1e60x86.cat」、「L1E60x86.inf」、「L1E60x86.sys」の3つを
「C:\winpe_x86\Driver\LAN_X_080619」というフォルダー作って
そこにぶち込む。

8・ドライバーをイメージに追加
先ほどのコマンドプロンプトに
peimg /inf=C:\winpe_x86\Driver\LAN_X_080619\L1E60x86.inf c:\winpe_x86\mount\Windows
と入力、Enter押す。

9・DriveImage XML V2.02のプラグインをDL
ここからDriveImage XML V2.02 pluginをダウンロードして解凍する。
解凍して出来た中身のファイルを
「C:\winpe_x86\mount\Program Files\driveimage_xml」
というフォルダー作ってそこにぶち込む。

10・ライブラリーや実行ファイルのコピー 
C:\WINDOWS\system32の中にある
「wow32.dll」、「apphelp.dll」、「ntvdm.exe」の3つを
C:\winpe_x86\mount\Windows\System32にコピーする。 
(間違っても移動しないように)

11・設定した変更を保存する。
先ほどのコマンドプロンプトに
imagex /unmount /commit C:\winpe_x86\mount
と入力、Enter押す。

12・ISOイメージの作成
oscdimg -n -bC:\winpe_x86\etfsboot.com C:\winpe_x86\ISO C:\winpe_x86\WindowsPE.iso
と入力、Enter押す。

13・ISOイメージのライティング
「C:\winpe_x86」に「WindowsPE.iso」というファイルが出来上がっているので、
フリーなISOライティングソフトなどで、CD-Rに焼いちゃう。
ディスクメディエーター呉葉とか国産で使いやすい。

以上の手順でCD-Rを作れば、それが起動用CDとなる。
無事起動するとこのような画面に。

というかこれだけしか動かんwwww
実際俺は失敗だと思ったww

実はWindowsPEってコマンドにて全てを操作するのよ
ここからどうやってHDDバックアップをするのか…….??

ヒミツの呪文を教えますw

このアホみたいな黒い窓に「notepad」と打ち込んでエンター。
すると見覚えのあるメモ帳が起動するのだが………………..
これでどうするのか?www

「ファイル→開く」のコマンドで……………

使い慣れたエクスプローラーになるwww

無事起動しました。

この技知らなくて、いちいちコマンドで起動させてたんだけど、
この時初めて「メモ帳」がスゴイと実感したよww

USB接続のHDDもちゃんと認識するので、一枚作っておくとかなり便利。

Leave a Reply

:uk: :wy: :no: :mz: :mk: :kd: :gy: :hh: more »

CAPTCHA