Anti-Virusの更新時期

2010-9-4 土曜日

今年もきたょセキュリティーソフトの更新時期が。
さーて今年は何にしようかなぁ?

前回の記事でさ、「9月にG-DATAを試して見ようかなぁ」なんて言ってたけど
実はもうとっくの昔に会社のPCにG-DATA入れて試して見てたのww
結果はね。 「おそっ!」って言うのが実際の感想。
なにが?って言われても旨く言えないんだけど、もっさりが全体的に…..

結局今回もここのレポートをwww 「AV-comparatives
まずにある2010/8のパフォーマンステストレポートから。
このレポートは、これらの内容の速さを、4段階で計っている。

・ファイルコピー
・圧縮、解凍
・エンコード、トランスコード
・インスト、アンインスト
・アプリ起動
・ファイルダウンロード
・WorldBenchの結果

中身は見れば判るとして、今回の★3つはこれらのソフト

そして次はおなじみの防御力テスト
これも中身は見れば判るとして、★3つをサクッとw

つまり両方★3つのやつを選べば、早くて高防御力かとw
該当者は、ESETeScanF-Secureだけ。

まぁ今年もESET Smart Security 4更新だなぁwww

Twitter BFFsってなによ?

2010-9-2 木曜日

今日仲の良いフォロァーからこんなRTが入った。

一瞬スパムかと思ったのだが、その仲良しさんが「やったよー」とRT入ったので
まぁ何かの新しいサービスかと思い、家に帰ってからやろうと調べたらなにやら雲行きがあやしい…….

My Twitter BFFs/MyTweetLoversに見るOAuthアプリの危険性、利用者意識の問題について

そもそもこのTwitter BFFsって何なのかを調べると、
自分のツイッターの中を調査して、誰と盛んに交流してるか(仲良しか)を
教えてくれるサービスらしい。

なのになぜこんなツイートがどんどんRTされるのか?

最初の画像でもわかるように、一斉に@にリプライが行く、そして全て英語。
俺らの概念からして、「英語=スパム」というのが常識的な感じがする。
まずはここが最大の要因なのでは無いだろうか?

そしてリンク先で同じく仲良しを探そうとすると、このような画面になる。

四角で囲われた中にチェックが入っていると、勝手にフォローしてしまう。
しかも初期値チェック状態。
しかし、ずーっとこれらのRTを調べてみたが、実害にあったツイートが見つからない。

俺が思うに、Twitter BFFsがスパムだと言うのは都市伝説的な感じ。
英語=スパムの概念が強すぎる&初期値で勝手にこいつらにフォローなのが
「すぱむー!」と騒がれる要因なんではないのかい?www

まぁこれだけじゃなく、OAuth承認したアプリはそいつに全権を預けるのだから、
どんなものでも危険っちゃー危険だし。

そもそもTwitterのID&PASSが盗まれたら、そんなに危険なのかい?という疑問もあるが
気にする人にとっては、気になるんだろうから、OAuth承認するものはみんなやめれ!
と言うしかないなww まぁ俺は何でも試して見たい性格なんでやってみるおww

仲良しさん。 被害者になったらごめんぬ~wwww

いやです!

2010-8-26 木曜日

結構充実してるけどいやだよwww

iPhoneの通話履歴を脱獄無しで選択削除する。

2010-8-22 日曜日

今までのガラケーからiPhoneに変えて、「なぜこんなことが出来ない!」
っていう操作の1つに「通話履歴の個別削除」がありました。

ぐぐって出てくるのはどれも「出来ない」だの「脱獄しれ」だの……
「出来ない!」と言われるとどうしても「やってやる!」の精神が働いちゃいましてww

ちょっと面倒な方法ではありますが、出来ちゃいましたので報告ww

iPhoneにはiTunesを使って、バックアップを取る機能がありますが、
そのバックアップファイルの中に通話履歴も入っていたんですよ。
今回はこれをごにょごにょしちゃいます。

この方法を実行するのに、「iBackupBot」が必要になりますので、DL&インストしておいてください。

なおこの方法は、バックアップ&復元というiPhoneではかなりリスクの高い作業が必要に
なりますので、この方法を実行してiPhoneに異常がでようが、おらまーったく知らんぞw

それじゃ覚悟の上で始める事www

これが選択削除前の通話履歴。
江頭が邪魔なので消しちゃうww

まずは、iTunesを使ってiPhoneをバックアップします。

iTunesでのバックアップ処理はかなり怪しく、「iBackupBot」で覗くと判りますが、
バックアップ項目が少ない時があります。(特にバックアップファイルを消した後のバックアップ)
なので、バックアップを取る前にiPhoneを再起動させておきましょう。(電源On-Off)

バックアップが完了したら、「iBackupBot」を起動させて、iPhoneのLibraryから
call_history.dbを探し、(これが通話履歴のデータベース)ダブルクリックします。

このソフトは有料だから登録せぇやぁ!と言われますが、あっさり無視(Cancelしる)

すると、データーベースの中身が覗けますので、消したい奴をアクティブにして
レコード削除のボタンを押します。

そしたら、「iBackupBot」は終了させて、iTunesで復元します。

どきどき……

ほら消えた!

ここまでして消したいか!とか言わないっ!www

それでも消したい奴が世の中にはいるはずだよwwwww

中国で大人気の避暑地

2010-8-17 火曜日

日本のデパートでこれやったら強制退場食らう予感。