WiMAXを導入してみた

2010-9-6 月曜日

Twitter見てた人は御存知かと思いますがw
欲しくなったら止まらないぜぇぇ状態で契約しちゃいましたwwww

WiMAXってプロバイダーが不在というかなんというかよくわからん体系でして…
ヨドバシで加入すると、毎月の支払先はヨドバシ、ビックカメラで加入すると支払いはビックカメラとなり
すっかりKDDI(UQ Communications)にお金を払うと思っていた俺にはちと(?_?)でしたw

では何で支払先を決めようかとなるわけですが、
支払金額には差は無いみたいで、初年度3,780円/月、次年度以降4,480円/月なので
金銭的に差が付いてる所はあまりありませんでした。
(実は株式会社ブロードバンド地上波デジタル総合研究所とか3,870円/月なんだけど知らな過ぎる会社ww)
という事で、加入することで特典としてWiMAXルーターを値引する所を選びました。
代表的なルーターとしてNEC-WM3300R(ヨドバシ)、egg(ビックカメラ)、URoad-7000(ビックカメラ)
この3種に絞り、比較してみると…

大きさ:WM3300R(94x67x22) ・ URoad-7000(104x62x14.8) ・ egg(110x62x28)
バッテリー駆動時間:WM3300R(2.5)<URoad-7000(3.5)<egg(5)

これでWM3300Rは消えたんだけど、残りの奴、コンパクトさを取るか、駆動時間を取るかかなり悩みましたが
まぁいずれにせよビックカメラなんでビックカメラに行きましたw
んで、URoad-7000とegg両方見せろというと、eggは取り寄せになるとの事。
結局、選択肢はURoad-7000しかなくなっちゃったwww

URoad-7000の標準価格は19,800円、これが定額プランに加入すると15,000円引きの4,800円w
さらにWi-Fi機器を同時購入でさらに2,000円引いて2,800円でURoad-7000が買えると。
「Wi-Fi機器ってなによ?」って聞いたら、「んー一番安いもので電池ですかねぇ」と
俺:「は? 電池? 乾電池?」 店の奴:「はい200円位で売ってますよ~」
ほぉ乾電池ってWi-Fi機器だったんだな、初めて知ったぜw

という事で早速持って帰ってきましたぜー
 

付属品はこれだけ。
本体、100V電源コード、USBコード(充電は出来ない)

契約前にTwitterとかで、「WiMAXは室内に弱い」とか言われてましたが、
バリバリ範囲内の住所での室内状況で電波ランプは赤時々オレンジ。
緑になる場所は有りませんでした。

赤やオレンジでどれくらいの通信速度なのか、iPhone4をWi-Fi接続してSpeedtestで計ってみました。

まずは3Gの速度。
遅すぐる! クソレベルww まぁ家ではこんな感じ。

次はFonでのWi-Fi、快適ですww

さてお待ちかね!WiMAX!

電波状態がイマイチな割にはがんばってると思うのだが…..
一世代前のADSL並み?

まぁ家の中ではFon君が居るので、わざわざWiMAX出勤させなくても良いのだが、
家にNetを引こうと、WiMAXを検討しているひとには情報源になるかとw
(ちなみにここは札幌ですw)

本来の目的はアウトドアでのNet接続なんで、3Gしか選択肢が無かった俺には大満足だよ
この他にも、外付けバッテリーやカーコンセントなど買ってきたので
そのうちに紹介しますわw もち屋外でのWiMAX状況もねww

Anti-Virusの更新時期

2010-9-4 土曜日

今年もきたょセキュリティーソフトの更新時期が。
さーて今年は何にしようかなぁ?

前回の記事でさ、「9月にG-DATAを試して見ようかなぁ」なんて言ってたけど
実はもうとっくの昔に会社のPCにG-DATA入れて試して見てたのww
結果はね。 「おそっ!」って言うのが実際の感想。
なにが?って言われても旨く言えないんだけど、もっさりが全体的に…..

結局今回もここのレポートをwww 「AV-comparatives
まずにある2010/8のパフォーマンステストレポートから。
このレポートは、これらの内容の速さを、4段階で計っている。

・ファイルコピー
・圧縮、解凍
・エンコード、トランスコード
・インスト、アンインスト
・アプリ起動
・ファイルダウンロード
・WorldBenchの結果

中身は見れば判るとして、今回の★3つはこれらのソフト

そして次はおなじみの防御力テスト
これも中身は見れば判るとして、★3つをサクッとw

つまり両方★3つのやつを選べば、早くて高防御力かとw
該当者は、ESETeScanF-Secureだけ。

まぁ今年もESET Smart Security 4更新だなぁwww

Twitter BFFsってなによ?

2010-9-2 木曜日

今日仲の良いフォロァーからこんなRTが入った。

一瞬スパムかと思ったのだが、その仲良しさんが「やったよー」とRT入ったので
まぁ何かの新しいサービスかと思い、家に帰ってからやろうと調べたらなにやら雲行きがあやしい…….

My Twitter BFFs/MyTweetLoversに見るOAuthアプリの危険性、利用者意識の問題について

そもそもこのTwitter BFFsって何なのかを調べると、
自分のツイッターの中を調査して、誰と盛んに交流してるか(仲良しか)を
教えてくれるサービスらしい。

なのになぜこんなツイートがどんどんRTされるのか?

最初の画像でもわかるように、一斉に@にリプライが行く、そして全て英語。
俺らの概念からして、「英語=スパム」というのが常識的な感じがする。
まずはここが最大の要因なのでは無いだろうか?

そしてリンク先で同じく仲良しを探そうとすると、このような画面になる。

四角で囲われた中にチェックが入っていると、勝手にフォローしてしまう。
しかも初期値チェック状態。
しかし、ずーっとこれらのRTを調べてみたが、実害にあったツイートが見つからない。

俺が思うに、Twitter BFFsがスパムだと言うのは都市伝説的な感じ。
英語=スパムの概念が強すぎる&初期値で勝手にこいつらにフォローなのが
「すぱむー!」と騒がれる要因なんではないのかい?www

まぁこれだけじゃなく、OAuth承認したアプリはそいつに全権を預けるのだから、
どんなものでも危険っちゃー危険だし。

そもそもTwitterのID&PASSが盗まれたら、そんなに危険なのかい?という疑問もあるが
気にする人にとっては、気になるんだろうから、OAuth承認するものはみんなやめれ!
と言うしかないなww まぁ俺は何でも試して見たい性格なんでやってみるおww

仲良しさん。 被害者になったらごめんぬ~wwww

いやです!

2010-8-26 木曜日

結構充実してるけどいやだよwww

iPhoneの通話履歴を脱獄無しで選択削除する。

2010-8-22 日曜日

今までのガラケーからiPhoneに変えて、「なぜこんなことが出来ない!」
っていう操作の1つに「通話履歴の個別削除」がありました。

ぐぐって出てくるのはどれも「出来ない」だの「脱獄しれ」だの……
「出来ない!」と言われるとどうしても「やってやる!」の精神が働いちゃいましてww

ちょっと面倒な方法ではありますが、出来ちゃいましたので報告ww

iPhoneにはiTunesを使って、バックアップを取る機能がありますが、
そのバックアップファイルの中に通話履歴も入っていたんですよ。
今回はこれをごにょごにょしちゃいます。

この方法を実行するのに、「iBackupBot」が必要になりますので、DL&インストしておいてください。

なおこの方法は、バックアップ&復元というiPhoneではかなりリスクの高い作業が必要に
なりますので、この方法を実行してiPhoneに異常がでようが、おらまーったく知らんぞw

それじゃ覚悟の上で始める事www

これが選択削除前の通話履歴。
江頭が邪魔なので消しちゃうww

まずは、iTunesを使ってiPhoneをバックアップします。

iTunesでのバックアップ処理はかなり怪しく、「iBackupBot」で覗くと判りますが、
バックアップ項目が少ない時があります。(特にバックアップファイルを消した後のバックアップ)
なので、バックアップを取る前にiPhoneを再起動させておきましょう。(電源On-Off)

バックアップが完了したら、「iBackupBot」を起動させて、iPhoneのLibraryから
call_history.dbを探し、(これが通話履歴のデータベース)ダブルクリックします。

このソフトは有料だから登録せぇやぁ!と言われますが、あっさり無視(Cancelしる)

すると、データーベースの中身が覗けますので、消したい奴をアクティブにして
レコード削除のボタンを押します。

そしたら、「iBackupBot」は終了させて、iTunesで復元します。

どきどき……

ほら消えた!

ここまでして消したいか!とか言わないっ!www

それでも消したい奴が世の中にはいるはずだよwwwww