カメラが必要ない人

2012-2-6 月曜日

New inspiration: Nikon D700 Camera Cake. Photographers, This One's For You !

2012年2月5日に放送された「ほこ×たて」で、
「写真の様な絵を描く人」vs「毎日写真を2000枚チェックしている人」という対決があった。

簡単にいうと写真のプロが、写真か絵なのかを見極めろという対決。
俺の概念では、素人ならまだしもプロが絵を写真と思うわけがないと思っていたが、
結果は「写真の様な絵を描く人」であるDru Blair氏が勝ってしまった。

でね、俺は未だにそれが信じられないわけ。
これを見れば確かに凄いんだけどさ、
Dru Blair

遠くからしか見れない対決だと思ったら、絵の目の前まで行って見ているし、それがプロよ?

そんなに人間の目は不完全かと。

あーこりゃやらせだなと。

そんでドリュー・ブレア氏の絵は何処で買えるのかな?と探してみたらここにありました。

Dru Blair’s Art of Technology Paintings

みたら上の絵は「Tica」というタイトルで$100.00で売っていた。
説明を見ると、「2005年に65~75時間かけて描いたよ」となっている。

ぇ?3日もかけて描いた絵が8,000円??

買おうとしてる方は、意外に安い値段で拍子抜けしたのだが、
ちょっとまてと、これだけ安いと送られてくるのは本当に描いた絵じゃなくて
コピー? 絵を撮った写真? オリジナル以外の物が送られて来るなら
それはどんな加工も可能であり、そんなの見ても全く感動しない。
そしてどんな大きさで送られてくるのか?

サイトにはメアドが載って居たので、そこらへんを聞きたいのだが、
俺の英語レベルじゃねえ…..

でも見てみたいから俺は買う。
とりあえずドリュー・ブレア氏にメールを出します。

※2012/2/7追記

Blair Art Studiosより、メールに対する返事が来ました。

Q:金額を見ると$100程度で随分安いけど、売っている絵はドリューの描いた
オリジナルなの?それともコピーが送られてくる?
A:コピー印刷物を販売しています。

Q:そのコピー印刷物はプリントアウトされたものですか、それとも原画の写真?
A:写真ではありません、プリンターからプリントされたものです。

Q:大きさはどれくらいですか?
A:絵の大きさは24x30インチ(61x76センチ)です。

Q:原画の大きさはどれくらい
A:ドリュー氏が描いているのは大体30×40インチ(76×101センチ)

Q:日本に発送するとどれくらい費用が増しますか?
A:$45で送れます、絵は丸めてチューブケースに入れて発送します。

後はプリンターでプリントアウトされたものを見て「おぉーすげぇ!」となるかどうかだね。

iCloudを捨てGoogleを使う

2012-2-2 木曜日

The phone book was the first Facebook

iCloudが使える様になってから、iPhoneの電話帳編集は劇的に便利になった。
しかし、ちょっとしたタイミングでiPhoneの電話帳が二重登録になったり、
あれ?と思ってiCloudを止めると最近登録した電話番号が消えてたり、
どうも安心して使えない。

そこでiCloudに別れを告げ、電話帳をGmailの連絡先に同期させようと思う。
これで何台端末があっても、Android機を手に入れることがあっても、
電話帳の移行なんて作業は無くなるしね。

まずは、iPhoneから今の電話帳を取り出す作業なんだけど、iPhoneからの質問を
よく勘違いして、「消しちゃった~!」ての何回もやっているので、まずは全部バックアップしる。
iTunesにiPhone繋いで、自分のiPhone右クリでバックアップ。
まずはバックアップ

バックアップが終わったら、iCloudにアクセスして、コンタクトを選択
左下の歯車を押して、「すべてを選択」押した後、「vCardを書き出す」を選びます。
iCloudから電話帳のエクスポート

ここでちょっと注意なんですが、電話番号のラベルが「主番号」となっている電話番号
ですけど、いつからかわかりませんが現在「主番号」というラベルが消失しており、
インポートすると、iPhone(主番号)→Gmail(メイン)となり、その後同期開始の時点で、
Gmail(メイン)→iPhone(電話番号消える)となって名前ばかりの番号なしアドレスに
なってしまいます。
iOSもころころ仕様を変えるなよって感じですけど、とりあえず対策をしておきます。

先ほど書き出したvCardファイル(Exported iCloud vCards.vcf)をメモ帳で開きます。
開いたら[編集]→[置換]で「検索する文字列」に「TYPE=MAIN」、
「置換後の文字列」に「TYPE=CELL」を入力して、[すべて置換]を押します。
終わったらメモ帳を閉じて、上書きしちゃいます。
メモ帳で簡易編集
※この方法で「Exported iCloud vCards.vcf」を変更すると、今まで「主番号」となっていた番号が
すべて「携帯電話」に変わります、気になる人は後で変更して下さい。

次はGMailを開き、今作った「Exported iCloud vCards.vcf」をインポートします。
※Google+をやっている人は、そのアカウントでこの連絡帳は作らない方が良いです。
新しいGoogleIDを作ってからやった方がいいです。

Gmailでインポート
並べ替えは「姓」の方が見やすいと思うww

これでGMailの連絡先にiPhoneで使っていた電話帳が移ったと思います。
GMail連絡帳の[その他]→[重複した連絡先を検索して結合]を選ぶと重複したの消えて
便利ですw

さて次はiPhoneでの操作。

まずはiCloudを止めちゃいます。
連絡先のSWをOFFにしたら消していいか聞かれるので、思いっきり消しちゃいます。
(先のバックアップしてない人はここでサヨウナラになれますww)
消しますよ!
この時点でiPhoneの電話帳にはなにも残って無いと思われますが、
もし残っているのであれば、全部消しちゃって下さい。

電話帳が空っぽになったら、[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[アカウントを追加]
でExchangeを選択します。
Exchangeを選ぶ

連絡先をインポートしたGoogleアカウントを入力し、次へ。
Googleアカウント入力

「サーバー」には「m.google.com」を入力し、次へ。
m.google.comを入れる

連絡先のSWをオンにし、保存(このメアド使いたければメールもオンに)
同期するもの選択

保存を押した途端に電話帳がゆっくり増えて行きますw
これで、GMail連絡先で編集したり、追加したりした途端にiPhoneに同期されます。
iPhoneから追加しても、ちゃんとGmail側に同期します。

注意事項として、Gmail側で半角スペース使うとiPhoneには全角スペースで同期され、
ちょっとかっこ悪くなりますので、「☓☓株式会社 日本太郎」みたいに入れたい時は、
姓に☓☓株式会社 名に日本太郎といれると、iPhone側では半角スペースで離れますw

あとiPhoneでは追加した名前のひらがなは、Gmailにカタカナで同期されますので、
ひらがなに直さないと、並び順がちょっとおかしくなったりします。

これでAndroid端末買っても大丈夫だw

曲と曲の間を繋げたい

2012-1-29 日曜日

Mp3 player and earphones

MusicPlayerでDJ-Mix等の音楽を聞くと、
繋がってるはずの曲間が途切れて気持ちわりいんだけどどうしればいいのよ!
と質問されたので記事化。(最近このパターン多いなww)

まず曲間が途切れなく再生する事を、「ギャップレス再生」というが、
持っているMusicPlayerが「ギャップレス再生」に対応しているかどうかで方法が変わってくる。
そして持っている音源がMP3であれば完全なギャップレス再生は無理らしい。

とはいえ、ほんの気が付かない位までは行けると思うが
その間が嫌だと言うなら、この先読んでも仕方がない。

まずは定番iPodFamilyだが、appleのサイトを見ると以下の通り。

iPod のギャップレス再生
一部の iPod 機種は、ギャップレス再生をサポートしています。ギャップレス再生をサポートしている機種では、「ギャップレスアルバムの一部にする」オプションにチェックマークが付いているかどうかに関わらずギャップレス再生をサポートするファイルはすべてギャップレス再生されます。

iPod nano (4th および 5th generation) はオーディオクロスフェードに対応しています (ただし、デフォルトでオプションがオフになっています)。また、オーディオクロスフェードが有効でも、次の 3 つの条件を満たしていれば、オーディオトラックはギャップレス再生されます。

  • トラックに「ギャップレスアルバムの一部にする」オプションがチェックされている
  • トラック番号が連続している
  • アルバム名が同一である

サポートしている iPod と iPhone の機種 (最新の iPod または iPhone のソフトウェアがインストールされていることをご確認ください)

  • iPod nano (2nd generation)、iPod nano (3rd generation)、iPod nano (4th generation)、iPod nano (5th generation)
  • iPod (5th generation)
  • iPod classic、iPod classic (120 GB)、iPod classic 160GB (Late 2009)
  • iPod touch、iPod touch (2nd generation)、iPod touch (3rd generation)
  • iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS

ということらしい。

具体的には、アルバム内の曲を全部選択して、右クリック→プロパティーでここにチェック。
ギャップレス

その他のギャップレス再生可能MusicPlayerは持っていないのでようわからんわww

さて次はギャップレス再生になんて対応してねーぞっていう場合。
これは色々な意見あるとおもうけど、一番簡単で手っ取り早いのは、
MP3を全部繋げちゃって1つの曲にしちゃう事だと思う。

でもこれをやると曲を飛ばしたいとか、何曲目聞きたいとか出来なくなっちまうから。
それでも間なく聞きたいってアルバムのみやるといいね。
MP3結合させるソフトは探せばいくらでも出てくるけど、これなんか簡単でいいと思う。

フリーソフトでMP3を結合する(C_Vine)

なんか色々調べるとLameでMP3作るとギャップレス可能とか色々出てくるんだけど、
俺らレベルの耳じゃこれで十分かと。

つーことで一番楽なのは、iPodやiPhoneで聞く、コンポなら外部入力にiPodつなげる、
iPod用スピーカーを買う!www

Google+からTwitterやFacebookへの連携

2012-1-23 月曜日

Week 4: Damn technology

Google+をメインに使っているけど、TwitterやFacebookも無言にはしたくない。
そんな時は連携サービスを使ってポスト連携させていると思うが、
Google+をメインに使う時、殆どの場合がブラウザーの拡張をインストールすることによって
TwitterやFacebookに飛ばすものが多い。

これはこれで色々な機能があり、便利なのだが、最大の欠点はモバイル時使えない事。
そこで、俺が普段やっているG+Feedを飛ばす方法はどうやっているの?と聞かれたので記事化。

あーそのやり方じゃだめだぁ~と、読んだ後で気付くんじゃ疲れるだろうから、
どうなるかを先に説明。

  1. 一般公開でポストした物だけがTwitterやFacebookに連携されます。
    飛ばしたければ「一般公開」、飛ばしたくなければ「友達の友達サークル」とか使う。
  2. 写真だけのポストとかしちゃうとTwitterやFacebookには何も表示されず
    Google+元ポストへのリンクのみになってしまい、「なにこれ?」ツイートになっちゃうw
  3. 上記の様にGoogle+元ポストへのリンクを必ず表示しちゃうので、
    いかにもTwitterやFacebookでポストしてるようには見せられない。
  4. Facebookに連携される際に、元ポストにコメントが入っていると、コメントをした人の
    アイコンがFacebookポストの頭に付いちゃうので、「なにこれ?」になるww
  5. Google+にポストしてからTwitterやFacebookに連携されるまでに、
    結構な時間がかかる。(半日以上かかることもある)

まぁこれでも良ければ続きをどうぞ。

まずは「dlvr.it」に行ってSign upしてください。
するとすかさずメールが返ってくるので、リンクを押してサービスをアクティブにします。
dlvrアクティブ化

リンクを押すと、サンキューとか出た後、Feed等を登録していきます。

まずは自分のGoogle+Feedを入力しますが、ここは

http://dlvritplus.appspot.com/自分のGoogle+IDナンバー

を入力すればいいです。
そして何時の時点のストリームから転送していくかをチェックします。
STEP1

自分の「自分のGoogle+IDナンバー」がわからねーぞという人はここで調べる。
Google+ナンバー

後はTwitterやFacebookなど連携させたいサービスのアイコンを押して、
各サービスで連携許可をしてあげると、動作し始めます。

一時的に止めたい場合は「active」のボタン押すと、「paused」に変わり、
この間は転送されなくなります。
ポーズ

「Stats」とかを見ると、Twitterとかからどれくらい元ポストを見てくれたとか
いろいろわかって楽しいよww

うまく作動した時の、元ポスト(Google+)から他の連携がどの様に
表示されるのか、実際のポストを載せておきます。

元ポスト(Google+)
元ポスト

Twitterに転送されたポスト(写真は消えて、元ポストへのリンク表示)
Twitter

Facebookに転送されたポスト(写真はうまくいけば転送、青文字は元ポストへのリンク)
Facebook

これでもいいよという人はお試しあれ。

Google+ハングアウト

2012-1-12 木曜日

jonny and scott hangout on google hangout

気が付いたらあけおめ記事でした、はいあけおめ~。

今日はGoogle+のハングアウトというビデオチャット機能が
正式採用されたという情報を得たので、なにが変わったのか
やってみたよ。

今までもそんなにハングアウトを多様してたわけではないので、細かくは分からないけど、
画面共有機能が加わったみたい。

基本画面はこんな感じ。
基本画面

メニューが上になり、招待(今までのInvite)の横に新たに「画面の共有」ボタンが。

この人たちが何を言おうと試しちゃいます。 ぽちっ!wwww
するとこんな画面が。
画面共有

どうやらこれは、自分のPC画面を相手に見せる機能のようです。
画面全体を見せたり、個別に今起動してるアプリのみを見せたり選択できます。
アプリ操作を教えたりするのが楽になるね。

たぶんこの機能が増えただけだと思う。

他に何か新しい機能あるのを知っている人がいたら、コメントでもG+でも良いので教えてください。
ところでサークル整理(2)はどうした?という質問には答えません。www